So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

政府、暗号通貨「ありがとう」を物として認定へ [経済]

日本政府は、国内の居酒屋チェーンが発行する日本語型決済網及び暗号通貨「ありがとう」を物として取り扱う方針を決めた。

「ありがとう」はクーポンポイント等と異なり、いくらでも発掘でき、決済手段として用いる事ができる事から、「通貨」ではないかといわれており、実際に社員への報酬の支払いが2013年においては1000円/1ありがとうのレートで支払われていた。

居酒屋チェーンによれば、バイトが受け取った「ありがとう」は、店長に「ありがとう」として伝えられ、店長がマネージャー、そしてチーフ、最終的には社長に「ありがとう」が伝わる事でご飯が食べられるとしている。その配当分である「ありがとう」は株主や従業員に分配されている。

「ありがとう」は当該居酒屋チェーンでしか使うことができず、通貨としての信用性は乏しい。また、通貨価値について、社長の独断がレートの変換が行われる事から、消費者保護の観点からみても、宜しくないのではないかと判断。また、対価として、「ありがとう」が使われる事によって、租税回避の手段に用いられているのではないかという疑惑から、「ありがとう」を物として認定し、「ありがとう」を取引した際の日本円換算での税金を課すとしている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。